■ダイアログBarからのご案内

ワールドカフェの準備と手順のマニュアル(ダウンロード)
http://bit.ly/gO022S

メールマガジンに登録


このブログをお気に入りに登録☆
お気に入りボタン

2009年11月06日

ペガサスカンファレンス2日目(午後)ーワールド・カフェとアニータ・ブラウンー

2日目の午後は、アニータ・ブラウンの
「Multi-Generational Collaboration: Shaping Tomorrow, Together」
というセッションに参加してきました。

IMGP2514.jpg

仕事柄というか、趣味というか
これまでとてもたくさんのファシリテーターに
会って来ています。

その中で、何人か「グレート!」と感じる
本当に素晴らしいファシリテーターがいますが、
アニータの素敵さは、
そんな僕の想像を遥かに超えた
まさにワールドカフェそのもの!というような方でした。

IMGP2519.jpg

ぱっと見は、
キュートなおばあちゃん(でも見た目はとても若い!)。
でも、愛と喜びと楽しさが溢れています。

そして、心から世界のことを考えていて
心から対話的な世界を創りたいという気持ちが
溢れている。

このセッションも、
世代間を繋げていくことで、
システムのレベルが上がって創発と
クリエイティビティが生まれることを目指していることが
プログラム全体から伝わってきます。

つながりをどう創造していくか。

ワールド・カフェの良さは、
世界に対して具体的にアプローチできるところ。

IMGP2523.jpg

セッションの間に出た言葉は、
レコーダーが拾ってくれます^^

そして、この日最後のプログラムは、
キーノート講演。

Juana Bordasさんの
「Salsa, Soul, and Spirit
: Leadership for our Multicultural Future」
というタイトルでした。

IMGP2544.jpg

スーパーパワフル!

踊るし歌うし、
エネルギーに溢れた講演でした。
(もちろん、参加者も踊って歌いました☆)

途中、自分の家族からもらったギフトについて
ペアになって話をする時間がありました。

家族からもらったギフト。

ふだんは、全く意識しませんが、
改めて考えたり、人の話を聴いたりすると
本当にいろんな人に活かされているんだな
と感じました。

もう1つ。
最後の方に出て来た「Sense of WE」。

WEは日本語にすると「私たち」になってしまって
ちょっと「私」の要素が強くなってしまうように
感じますが、
「私からWE」というのは
単純だけどとても大事なポイントだと思います。

「Sense of WE」
ちょっと心に残った言葉でした。

カンファレンスの後は、
グローバルのワールドカフェコミュニティの方たちと
ディナー☆

3日目に参加したセッションにも出てきますが、
オンラインのコミュニティの動きをまとめているAmyと
オフラインのコミュニティの動きをまとめているTomと
情報共有。

Tomは、ワールドカフェを企業で展開して
Conversational Leadershipによる企業変革にも
取り組んでいて、
ワールドカフェのラーニングプログラムを作っています。

Tomと共有した、ワールドカフェから始まる
Conversational Leadershipの広がりを作る流れは、

カフェの体験の場が増えて来て、
次の段階として、オープンリソースの構築があって、
その次に、ファシリテーターのための
ラーニングプログラムの構築が必要になってくる。
というもの。

今、お互いに構築したラーニングプログラムがあるので
その内容とリソースを共有しながら
対話を通してブラッシュアップをしていくことになりました☆
ちょっと英語がめんどうだけど、
とっても楽しそう!&おもしろいものが生まれそう。
楽しみです^^

彼のプログラムは、
「問い」についての扱いが大きくて
僕のプログラムは、
「コンテクスト」についての扱いが大きい。

けど、ベースは同じ。

とてもよい学びになったが
「全体の中の位置づけで、
ワールドカフェ自体の流れをデザインしていくことが
大事なんだよね」
という言葉でした。

Amyとは、
前からやり取りがあったので、
むしろ会えたことが喜び☆

遠くないうちに、日本に来てくれそうです^^

そして、ディナーのあとに、
待望のアニータとお話する時間が持てました☆

僕はほとんど英語がしゃべれないんですが、
本当にゆっくりじっくり聞いてくれる。
「英語が使えないことを気にしないで、
もっとシャイにならないで。
言ってることはハートで通じてるから」
と言ってくれた言葉がとてもうれしかったです。

彼女は、本当に存在全てがワールドカフェ。
彼女に会うだけで、
きっと多くの人が
「ああ、ワールドカフェってこういう感じでこういうものなんだ」
と感じてくれる気がします。
確信に近いです。

そんなアニータが
ダイアログBarの話に喜んでくれたことが
とっても幸せでした。

本当にすごい人なのに
「あなたはすごい」と自然に言えるのが
さらにその素敵さを感じさせてくれます。

なんとしても日本に呼びたい。

がんばります。

朝から晩まで、
ダイアログとワールドカフェに囲まれた
幸せな一日でした☆

-----------------------------------------------------
2009年12月12日(土)13日(日)10:00〜18:00(東京都内)
ファシリテータートレーニングのワークショップをやります
「ワールド・カフェとダイアログ−対話の場が創る変革の力−」   
http://dialog-bar.net/events1212.html


posted by DialogueBar at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。