■ダイアログBarからのご案内

ワールドカフェの準備と手順のマニュアル(ダウンロード)
http://bit.ly/gO022S

メールマガジンに登録


このブログをお気に入りに登録☆
お気に入りボタン

2009年12月16日

SID(Social Inovation Dialogue)のワールドカフェに参加してきました☆

月曜日は、吉村さんがされている
SIDという対話の場に参加してきました。

前回、ゲストで呼んでいただいた会です☆

http://positivelearning.seesaa.net/article/129771235.html

「SID」
http://socialinnovationdialogue.jimdo.com/

今回のゲストは、京都から
NPO法人「場とつながりラボhome'svi」代表理事の
嘉村賢州さんが登場☆

嘉村さんの話でおもしろかったのは、
やっぱり、一見さんお断りコミュニティ
のお話。

場をオープンにする時に
どうオープンにするか、というのは
結構肝だと思っています。

オープンなんだけど、
どこに経路を設けるか。
によって、場の状況が結構変わってくる。

嘉村さんのおもしろいのは、
完全に紹介制にしてしまった
というところ。
でも、オープンなんですよね。

場は常に開いている。

そこに、場の特徴と質が生まれていくんだろうな
と感じました。

いやー、おもしろいなぁ。

嘉村さんのお話の後は、
ワールドカフェです。

久しぶりに、参加者として3ラウンドに参加。

やっぱり、1ラウンド目より2ラウンド目
2ラウンド目より3ラウンド目。
3ラウンドの意味はあるなぁ、と改めて実感しました。

テーマは、
「真に違いを超えて新しい価値を生み出すために
私たちに何が必要でしょう」

なかなかおもしろい。

違いって違いじゃなくて「違和感」
だよね。
というところから、
違「和」感かぁ、となり。
違和「感」って感じるものだよね。
と展開しました。

そう、違うと思うのって、
感覚なんですよね。

また、SIDのHPを通じて
当日の様子とレポートがアップされるはずです。

とても素敵にまとめているので、
よかったら見てみてください。
前回のレポートもとってもきれいに
まとめてもらいました。

次回も楽しみ☆

こうやって社会に対話の場が広がっていくと
いろんなところに参加したり、
いろんなテーマで話し合えて
本当に楽しい。
吉村さん、素敵な場をありがとう!

ではー^^


posted by DialogueBar at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。