■ダイアログBarからのご案内

ワールドカフェの準備と手順のマニュアル(ダウンロード)
http://bit.ly/gO022S

メールマガジンに登録


このブログをお気に入りに登録☆
お気に入りボタン

2010年11月27日

12/9 19:00~ at大阪/梅田 対談+ワールド・カフェ「デザインと対話ーコミュニティの変容とソーシャルイノベーションー」ゲスト:studio-L山崎氏×Art of Hosting ボブ氏

□□□−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−→
【大阪企画☆】studio-L山崎氏×Art of Hosting ボブ氏
対談+ワールド・カフェ
「デザインと対話ーコミュニティの変容とソーシャルイノベーションー」
12月9日(木)19:00〜21:00(大阪/梅田)
(申込みはこちら)http://bit.ly/gF3NGR
←−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−□□□

日本中の離島山間地域に赴き、
ランドスケープデザイン、まちづくりの総合計画などから
新しい社会に向けた取り組みを行う山崎さんと、
世界中でArt of Hostingという活動を通じて
対話とコミュニティを通じたソーシャルイノベーションに取り組む
ボブ・スティルガーさんとの対談を大阪で行います。

2人の共通点は、そこに住む人が輝くような
「コミュニティ」への働きかけ。
2人のゲストによる対談を行い、その後、
ワールド・カフェでの参加者+ゲストの対話を行います。

ふるってご参加ください☆

※今回は、スピーカーが英語で話すため、通訳(逐次)が付きます。
※バイリンガルテーブルをご用意します。英語が母国語の方もぜひお越し下さい。

Art of Hostingは、
対話を通じたコミュニティ開発のためのワークショップです。
http://artofhosting-japan.org/events/aoh-in-kiyosato-2011-fall/

主催 Art of Hosting in Japan、共催 ダイアログBar

□内容について

初の大阪企画☆

ゲストは、1月に東京のダイアログBarのゲストとして登壇し、
感動的な場を生み出してくれたボブ・スティルガーさん。

※前回のダイアログBarでのボブさんのお話は、
レポートにまとめられています。ご覧下さい☆

http://dialog-bar.net/20100125report2.pdf

ボブさんの世界における仕事は、BerkanaというNPOを通じて、
世界中のコミュニティ支援機関の支援を通じて
ソーシャルイノベーションを起こす事。
Art of Hostingはその取り組みの1つです。

そしてもう1人。studio-Lの山崎さんは
日本中の離島山間地域を飛び回りながら、
コミュニティをランドスケープデザインや
まちの総合計画のデザインから支援する仕事をされています。

また、issue+designという
社会課題を解決するようなデザインプロジェクト
に取り組み、国内でまだまだ広がっていない
社会的なデザインによるソーシャルイノベーションにも
取り組まれています。

日本と世界
デザインと対話
それぞれの分野、地域で

コミュニティを中心にソーシャルイノベーションに
取り組んでいる2人の対話から
日本の新しい可能性について、個人だけでなく
企業、行政、の進む道について参加者の皆さんとともに
考え、学び、深め、持ち帰りたいと思います。

大阪発の取り組みにぜひご参加下さい☆

□□□−−−−−−−−−−−→
概要について
←−−−−−−−−−−−□□□

□ 日時 2010年12月9日(木)19:00〜21:00(開場18:45)

□ 場所 大阪梅田近辺 ボダイジュカフェ
地下鉄堺筋線扇町駅6番出口より梅田方面に徒歩3分 
各線梅田・泉の広場より扇町通りを扇町公園に向かって徒歩10分 
(アクセスマップ)http://www.bodaiju-cafe.com/access/index.html

□ 定員 50名

□ 内容

●第一部 「ゲストダイアログ」
ゲスト: studio-L 山崎さん、ボブ・スティルガーさん
それぞれの活動とストーリーについて簡単に紹介をした後、
「デザインと対話ーコミュニティの変容とソーシャルイノベーションー」
をテーマに、対談形式での対話を行います。

●第二部 「ワールド・カフェ・ダイアログ」
第一部で出た話題とテーマをもとに
創造的な対話と場を創り出す手法、「ワールド・カフェ」
によって参加者全体での対話を行います。

□ 会費 3,000円/人
(会場費、ゲスト滞在費、通訳費用、諸経費として)

『当日スタッフ&お手伝い枠』
参加費 2,000円/人
※学生や若手社会人などで、経済的に参加費が高いと感じるけれども
テーマやゲストに強い関心がある方を優先します。
※お手伝いの内容は、
・広報(お知り合いに案内文を転送、ツイッター、ブログなどで告知)
・ツイッター中継、ブログ報告or当日のレポート
・当日の設営と片付け
プラス
・ビデオ撮影や映像のアップ等それぞれが出来ること
・他、思いつけば何でも

□ お申込
下記のフォームよりお申し込み下さい。
http://bit.ly/gF3NGR

当日、皆様と素敵な会話と可能性の発見に
出会えることを楽しみにしております。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

□ゲストの紹介
【ゲスト】
山崎 亮(やまざきりょう)さん
studio-L 代表。公共空間のデザインに携わるとともに、完成した公共空間を使いこなすためのプログラムデザインやプロジェクトマネジメントに携わる。その際、常にプロジェクトを通じて積極的にまちへと関わる主体を生み出すことを目指している。最近は中山間離島地域のまちづくりや総合計画づくりに関わることが多い。また、実務と平行して進めている研究活動としては、公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構における「人口減少時代における中山間地域の集落問題」、東京大学大学院における「住民参加によるまちづくりのガバナンス」などがある。共著書に、『テキスト:ランドスケープデザインの歴史(学芸出版社)』『震災のためにデザインは何が可能か(NTT出版)』『マゾヒスティックランドスケープ(学芸出版社)』などがある。

【ゲスト】
Bob Stilger(ボブ スティルガー)さん
The Berkana Institute 共同代表

Bobからのメッセージ
http://dialog-bar.net/events0125bob.html

1970年代半ばからコミュニティ開発(コミュニティの変容)のための
会社を設立し、50名のスタッフとともに従事。近年は、南アフリカ、
ジンバブエ、インド、ブラジル等で活躍する。CIIS(カルフォルニア統合学研究所)
にて、人の変化と学習のシステムについて研究し、博士号を得る。
2005年より「リーダーシップとニューサイエンス」の著者、
マーガレット・ウィートリーが設立したThe Berkana Instituteの共同代表を務める。
また、AI、OST、Circle、World Cafe、Uプロセスを取り入れた
対話を通じたコミュニティビルディングと対話を扱うファシリテーター
トレーニングのためのArt of Hostingのファシリテーターを務める。

【ファシリテーター】
西村 勇也(にしむら ゆうや)

ダイアログBar 主宰/代表
ブログ:http://positivelearning.seesaa.net/
大阪大学大学院にて人間科学(Human Science)の修士を取得。
研修ベンチャー企業、(財)日本生産性本部メンタルヘルス研究所を経て、
08年4月より『ダイアログBar』の活動を開始。
2年間で22回の「対話の場」を設け、約1000人が参加。

現在は、ファシリテーター&プロセスデザイナーして、
組織変革、ESD(Education for Sustainable Development)、
地域活性、ソーシャルイノベーション、デザイン、などの分野で活動。
2009年12月より、The Berkana Instituteと恊働し、
多数のメンバーと共にArt of Hosting in Japanを始めとした
国内プロジェクトを運営。対話の場づくり、変革のプロセスデザイン、
コミュニティ構築に取り組む。
Art of Hosting in Japana Founder、TEDxTokyo yz Co-Founder
著書:「ワールド・カフェの準備と手順マニュアル」(下記よりダウンロード)
http://bit.ly/9StoTS
posted by DialogueBar at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | AoH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。